マーカサイト

マーカサイト という石のコト

マーカサイト


◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

マーカサイトは、硫化鉱物の一つで、その代表的なものと
されるパイライトとは同質異像です。

この両者の生成は条件によって異なり、
高温で酸性の場合にはパイライトとなり、低温でアルカリ性の
場合にはこのマーカサイトとなります。

よくこの鉱物が、ほとんど地表に近い硫化鉱床の酸化帯のみに
産するのは、酸性下降水から二次的に沈殿することが多いからです。


斜方晶系の板状結晶の集合体や針状結晶の放射球状の集合体などで産出します。


色は、パイライトよりは淡い真鍮黄色ですが、空気中の水分と
反応すると、次第に表面は濃い色になっていきます。

条痕(鉱物を粉末にしたときの色)は黒緑色。

強い金属光沢を放つ不透明石で、
へき開(特定方向への割れやすさ)はありますが
程度は弱く、断口は不平坦状を示します。

『アラビア鉱物書』では「マルカシーサー」と呼んで、
「灰化した少量のこの石を入れて硫黄と一緒にすると
それは金を純化する」と記述されています。

         ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

冷静、明察、英知、沈着を表し、古い概念の殻を破って、
光り輝く未来に向かって飛び立つ勇気を与えてくれると
言われています。

自己の内側に隠された本質を上手に引き出すよう導く力が
あるとされています。


◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

私の勤務地は、明石地域で
明石名物と言われている「明石焼き(たこ焼き)」の店が
あちこちに軒を並べてます。


あちこちからええ出汁の香りが漂い、おなかが空いていなくても
胃を活動的にさせちゃうほど刺激的な香りです。

嗅覚からの刺激はほんますごいですねぇ。


         ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

大好きなアロマテラピーの書物から習ったことは・・・

太古の昔
私たちは今のように情報を手元で知ることはなく、
自分の感覚で得るしかなかった

そして娯楽のために情報を得るのではなく
生きるか死ぬかその為に。

生命を維持するための情報を真剣に捉えようとしていた。

真剣さが自然だった時代であり、その情報源の一つに嗅覚があった。

嗅覚のしくみは
鼻腔の中にある嗅毛(きゅうもう)が匂いを捉え
その刺激は電気信号(インパルス)に変換され、嗅球を通って
大脳辺縁系に伝えられる。

生きるために食物を探し、
それが生命維持にとって安全か否かを確認し、
また、近くに生命を脅かす存在がいないかどうか
察知するために発達していった最大の情報源である。

現在はその危険かどうかの情報源には対して
使われなくなり、やや退化して行っていると思われるが、
初対面の人でもなんだかこの人は危険な香りがするとか
(きゃ♪素敵ってロマンスとかの意味でなくて)
私はたまにこの御仁は獣の匂いがするでござる的な香りを
感じることがある。

気のせいかもしれないが。



また、東洋医学では五感をフルに使って患者さんを見る。

目、肌、舌、脈、また香りもその情報源の一つだ。

糖尿病の人は甘酸っぱい香りがするとか
便の匂いがするなと思ったら便秘症の人だったり…。

通りすがりの人、患者さん、街の匂い、土地の匂い、国の匂い、
匂いの記憶とは本当に様々で、いろんなことを刺激する。


         ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

で、明石焼きの話でしたね。

こちらは出汁で食べる店が比較的多くて、
お店のテーブルにはソースも置いてるからどちらの味も楽しめる。


雑誌に載ってて土日は行列ができる店に平日に
何度か友達と入ったことがあった。
平日は並んでることもなく、馴染みのおっちゃん達が
ちょっと一杯飲みながら楽しげにやってる。

明石焼きって旨いなぁ。と素直に思う。
店で働くおばちゃんもおっちゃんも味のひとつやなぁと思う。

雑誌に載るほどだから
絶対旨いって先入観はなしにして、フラットな気持ちで食する。

アーユルヴェーダの本によればできたての暖かい食べ物には
「オージャス」という生命エネルギーに変えるものが
宿っているとか。
熱々の明石焼きも熱々の旨みたっぷりの出汁にも
おいしさも加わるといえよう。

         ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇


しかし、ある日、魚市場で働く患者さんが教えてくれた情報は
雑誌に載ってた店と同じページに載ってた別の明石焼きの店のことだった。

「あそこのタコは明石産ってかいてるけど実は外国産やで」

うむむ・・。

雑誌に載っている情報は確かに「明石産」とあった。
それも売りにしていた。


事実は外国産って
タコの味はわかる人が食べるとすぐわかる。
弾力が全然違う。

海流の影響と思えるが身が締まっているというか
そこの海の何かを宿していると思われる。

旨けりゃいいってもんやない。

事実を隠しても見抜く人は必ずいてる。

世の中にこんなことが多く溢れている。
だからこそ自分で情報を選別して考え
見抜く力をつかなきゃいかんのだと思う。



スポンサーサイト

Comment

華子 #-

わかるー!

ほんとうは、どうなの?
っていう部分を考えない人が、とっても多い気がするだよ。
自分の直感とか、五感みたいのとかは、どんどん使うべき!
なんだけど、「これはいいものだよ」って言われると(読むと)そうだと思っちゃったり。

いろいろな情報があふれているから、最終的には
自分の見抜く力がモノを言うんだと思うので、
感覚を研ぎ澄ませて、素直に感じていきたいですね!!!

2012/08/05 (Sun) 00:30 | URL | 編集 | 返信
ゆずか #-

センサー

華子ちゃん

ほんまやね~^^

無意識に生きてきたことが習慣化されて
良いものは間違いのないこと・・・
そう思われがちだと思うんです。

今までの常識ってものも
ホントはどうなのか?って考えなければ
ならないと思うんですよ~

自分の持つセンサーを正しく方向づけることは
大事だなあと思います。


2012/08/05 (Sun) 11:15 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts