コルンバイト

コルンバイト という石のコト


コルンバイト

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

コルンバイトは、ニオブという珍しい元素を含む代表的な鉱物です。

ペグマタイト中から多く発見され、しばしばアクアマリン、エメラルドなどの
ベリルを伴うこともあります。

色は黒色や褐黒色、赤褐色などで、条痕は暗赤色から黒色を示し、やや金属
光沢ないし金剛光沢をもちます。

この鉱物中のニオブですが、イギリスの科学者ハチェットが、アメリカの
コネチカット州の石から1801年に発見した新元素で、アメリカの別名Columbia
にちなんでコロンビウムと命名され、この鉱物の名称になりました。

         ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

洞察力を高めたい時に持つと効果的とされる鉱物。

持つ人と、自信を取り巻く環境をも含めて、これから起こりうるであろうことを
察知して、その際にどのように対処したらいちばん良いのかを見極めて、行動に
移すことができるようになると言われています。


◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆


しばしば、保険会社から勤務先の病院に電話がかかることがある。

交通事故患者さんが怪我の治療のため、私の勤務する病院に通院される。
その患者さんたちは、被害者。怪我の治療のために、通う。
それは、当然必要な治療なのに…。

         ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

加害者側がかけていた保険の担当者の多くは、
丁寧な人もいるんだろうが、私はめったに当たらない。

人は鏡という言葉があるので、それはそれで自分にもないだろうか?
と、反省はするのだが、なんだか違うかもしれない。

というのは、保険会社の方の多くは一方的に要件を述べて電話を切ろうとする。
有無を言わせないで、アホーな受付に言っとけばええやろ~、
てな感じだろうか?なんて、思える態度なのだ。

その電話内容の殆どは、こちらが正当に治療請求しているのにもかかわらず、
あれこれと、理由をつけて値切ろうとするのだ。

被害者に法的に決められている限度額より、
かなり下回る金額を限度額といい、
治療をあの手この手で強制的に終了させようとする。

少しでも保険会社の損失
を最小限にくい止めたいからだろうと、予測できるのだが、
あんまりにもひどい。

紳士的な行動やマナーなどというものを感じえない。
そして、人間としてどうだろうか?と、思える人が多い。

「失礼します」と、にこりと微笑みながら、土足でひとん家に
上がりこんでくるようなもんだと、思うわけ。

テレビやラジオ、または折り込み広告で散々、他の会社よりうちは
毎月の掛け金が安い!いいですよ!と、宣伝してはいるけれど、
事故にあった人のためではないのだ。

それは事故を起こした人が得をするように仕組まれた保険の補償内容だ。

被害者の身体は一生痛みを抱えていくわけだ。
なのに、一時の保険会社が勝手に設定している支払期間や金額を超えると、
とたんに攻撃してくる。
一生保険請求をかけた金額を支払えって言ってんじゃないんだから、
ある程度、痛みが完全ではないにしろリセットできるまで、
面倒見てやってもいいんじゃないだろうか。

そんな理不尽なことをして儲けたお金、業績がなんの誇りになるのだろうか?

また、別の見方をすれば、心やさしい人、人の痛みが分かる人は
この仕事はつらいそうだ。
この点をうまくこなしている人も知っている。けれど、私が日々、目にするのは、
痛みを訴える患者さんなのだ。

現場の苦しみや痛みを知らない人はなんとでもいえるのだろうか、と、思う。


一見良いような、得なことに見えるその裏側に、どんなことが隠れているか、
何か行動を起こす時に一生懸命に考えなければいけないことじゃないかと
思うのだ。

何も考えず、人のことも思わず、知らんぷりして生きていくより、
私は少しでも考えて生きていけたら、良いなあと思うのだ。


・・・神の国の中に神がみちみつることぞ。金儲けさせんぞ、
欲捨てて下されよ。

ひふみの神さんもいっているではないか。











スポンサーサイト

Comment

ゆみ #-

変な業界

生保業界も損保業界も、自分本位の傲慢な
集団意識がありますね。
もちろんマトモな部分もあるけれど、
全体的にクレイジーです。
本来の純粋な相互扶助の精神を忘れたままでは
将来的にはその役割を終わらせていくと思います。

生保経験者より

2012/03/07 (Wed) 22:24 | URL | 編集 | 返信
ゆずか #-

ゆみさんへ

何事も本来の目的から外れていくと、
おかしなことになっていきますね。

そして、それが正しいとさえ思うようになることが、
怖いことだと思います。

2012/03/10 (Sat) 19:30 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts