パープライト

パープライト という石のコト


パープライト

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆


パープライトは、トリフィライトおよびリシオフィライトの酸化によって、
生じた二次鉱物で、このうちFe>Mnをヘテロサイト、
Mn>Feをパープライトとしています。

結晶体で発見されることはごく稀で、多くは小塊で産出されます。

色は、マンガンのイオンに起因して赤紫色ないし褐色ですが、
すぐに暗色に変化してしまいます。

半透明ないし不透明石で、やや金属光沢を放つものもあり、
また、無光沢のものもあります。
ヘキ開は一方向で、断口は不平坦状となります。

名称は、この鉱石の色から、ラテン語で「赤紫」の意味の「purpura」
に由来します。

             ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

合理性を追求したい人が持つとよいとされる鉱物。

正しい知識や思想に恵まれ、また、古くさい権威や支配に立ち向かって
いこうという勇気を湧き立たせる力があると言われています。

頭脳を明晰にしてストレスを解消し、瞑想にも優れた効果を発揮するそうです。


◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

今、読んでいる本「あなたの子供を加害者にしないために 中尾英司著」の中で、
「子育ての法則」の中で、「どのような信念であれ信念とは自分だけのもの。
人に押し付けるものではない。」とあり、人に信念を押しつけなければ、
害は及ばないが、人に押し付けたとき、押しつけられた人を通じて甚大な被害が
周囲に及びます。

とあります。


これは私も身をもって経験したこと。
本当にこれは親がしっかりしなければ、子供が無意識のうちに被害を
及ぼしているのだと、とても強く思いました。

             ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇


というのも、お局さまのことになりますが、出会ったころも、今でも変わらないのですが、
自分のルール、それも良いと思っている自分ルールを周りに押し付けようとします。
そして、入社しばらくしての頃の気の弱かった?私に押し付け、
今も、気のいい受付のSさんに押し付けてきます。

まあ、最近では私が「なんでですか?どうしてですか?」と、質問攻めにするので、
私に頼んだり、お局様ルールを押し付けに来ることは少なくなってきたものの、
変わらずやってきます。

その根源はなんやねん?と、常々思っていたのでした。

             ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

ある日のことでした。

私が勤める病院の施設にはトイレが、男子、女子、身障者用と3つあります。
私は、あまり利用者が少ない身障者用のトイレで、身なりを整えていた時でした。

コンコンコン!と、ややいら立ちながらノックする音が。

トイレに入るには履物をトイレ用のものと履きかえなければなりません。
なので、私の脱いだシューズがスライドドアの前にあります。

そこで、疑問に思ったのが、私はトイレに誰か先に入っていたら、
ドアが空くまで待っています。
もしくは、空いているかどうかわかりにくいドアの場合、
ノックして中に人がいるかどうかを確認し、返事が返ってきたり、気配がしたら、
そこで待っている。ものだと、思いこんでいました。

しかし、ノックの主はそうではない様子です。

ガラリと、いぶかしげながらスライドドアを開けたとたん、私の心臓は
「!!!!!!!」驚きのあまり、止まるかと思いました。

というのも、そこに仏頂面で私を睨みつける(普段の顔かも?)お局様の
お母上だったのです。

なんで、そこにいたのか驚いた私は理解できず、ジロりとにらむ
お母上の前をそそくさと、逃げ出しました。ひぃぃぃ~。

             ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇


以前、治療にこのお母上は当院にやってきたことがあって、散々怒鳴り散らして
周囲の患者さんや私たちに迷惑をかけていた人でして。

混み合っているときにやってきて、「先生を呼び出してちょうだい。話があるから」
(自分の質問に答えよ&世間話がしたいだけ)と、わがまま放題言っていた人で、
その時も、患者さんは次から次にやってくるし、「先生は今、治療中ですので、
(他の患者さんに失礼でしょう?)そちらで待っていただけますか?」とこのように、
話しても聞かず、逆に怒鳴り散らされたので、びびっていました。
「すぐ聞くぐらいできるでしょう!?行ってきなさい!」

             ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇


という経緯があるので、驚いてしまったのでした。

さて、この母親のしつけとして、親というものの言うことは子供は必ず聞かなくては
ならない、と、しつけているようです。
そして、当然、子供は子供で言うことを聞くものだと思っている。
お局様の行動を見ているといつもそうなので。

人の言うことは聞くものである。というのが信念にあたるのだろうか。
ある程度の言うことには耳を傾けるだろうが、
すべての要求にこたえなくてはならない?のだろうか?

             ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

こういうことを考えると、親の責任は非常に重大であり、
また、一人の人間として、私の考え方、信念は間違っていないか、
周囲に迷惑をかけていないかどうかを、再度、観察する必要がある、と、
強く思いました。

驚いたけれど、この思いを起こさせてもらったことに感謝せねばなるまい。
そして、お経のように唱えよう。「ありがとう、ありがとう、ありがとう・・・」
(悪霊退散!)



スポンサーサイト

Comment

瑠璃 #PkLqY056

No title

こんばんは。

もっと簡単な事でしたが、まさに、同じ様な経験を今日して来て、
不愉快になり、機嫌が悪くなり、落ち込んでいた所でした!

人として、親として、自分を写す鏡に気をつけて居ないと。。。と、
改めて思ったことでした(^^;

2012/01/29 (Sun) 21:34 | URL | 編集 | 返信
ゆずか #-

そうですね

子供は親の鏡ですね。

自分に足らないところを振り返ったり、
なにがそうさせるのか、原因を見つめないとなあ・・・、と、
思います。

2012/01/31 (Tue) 11:22 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts