ナトロライト

ナトロライト という石のコト



ナトロライト

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆


ゼオライト「沸石」グループの中では5番目に認定されたソーダ(ナトロン)を
主成分とする鉱物。

色は、無色や白色、灰色、帯黄色、帯赤色のものなどがあり、
条痕は白色を示します。

透明ないし不透明で、ガラス光沢や真珠光沢を持ち、
ヘキ開は完全に二方向になります。

名称は、ラテン語で「ソーダ」の意味の「natro」に由来します。

             ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

宿命、必然、啓示、生誕を象徴する鉱物とされています。

霊性を高めて、特別に送りだされている情報を受信することが
できるようになると言われています。

内面に隠されていた本質を引き出し、個性的な魅力として認められるよう導く
ちからがあるそうです。




◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆



このところ、夢を連日見る。

そのうちのひとつで、
私はどうやらテラスにいるようだ。
テラスには、椅子も植物もなく、ただひろーいテラス。
周りを見回すと、うっすらと霧がかっていて、はるか眼下に雲が見える。

とてつもない高さのミラーガラス張りの建物のテラスにいるのが分かった。

ちょっと高いな。
と思っただけで、夢の中の私は落ち着いている。
普段なら高所恐怖症でひ~~ってなってるはずなんだけど。

そのテラスに私と、他にも人々が何人かいる。
今現在、地球上にいる人たちとは姿形が違う。
首はながく顔も細長く、
横から見ると、キリンの姿ににているかも知れない。
昔見たスターウォーズに登場していた人たちに似ているような気がする。


そこでは、なにやら、私は色々教えてもらっているのだ。

内容は覚えていないが、
これから起こることについての心の持ちよう、心構えを話されたのか、
そんな感覚だった。

             ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

ところ変わって室内に入ると、
緑色の巨大原始生物たちが巨大水槽なようものがあり、そこには、
エイのような生き物や、ミトコンドリアのようなもの、
クラゲの先祖のようなものも、ゆ~ったりと泳いでいる。


室内は、緑色の水槽、淡い緑色の天井、壁、床に、
緑色でメタリックな円形のテーブルがあり、真ん中には赤い丸いなにかが置いてある。


なにかわからないけれど、ライトのように光を放つ。


             ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇


目が覚めてから何の意味なんだろうと考えた。


時代が変って行くのだろうか。
未来にはこんな人たちとコンタクトを取っているのだろうか。
または、これは過去のことなのだろうか。
色々と想像は尽きないが、

高いビルと言うことで、
自分を俯瞰してみること。

そして下を見ても恐怖感がなかったことで、恐れや不安などに心を苛まれないこと。

原生動物は、
原点に戻って、自分を見つめなおすってことでないかとそう考えた。


自分はこれから先どうやって、どのように進んで行くのか。
今一度考えるよう促されているかのようだった。



スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts