ビスマス

ビスマス という石のコト◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆和名「蒼鉛」ビスマスはBiの元素鉱物で、熱水性の金属鉱床の石英脈中やペグマタイトの石英脈中に、クォーツ、ビスマフィナイト、パイライトなどと共産します。六方晶系の菱面体結晶で発見されることもありますが大半は塊状や葉片状、放射状、粒状などで見られることができます。また、時には寄木細工状の双晶で見...

エレスチャル・クォーツ

エレスチャル・クォーツ という石のコト◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆エレスチャル・クォーツは数億年もの歳月をかけて形成した、水晶の最終形態とも言われていますが、実際は珪酸分の多い溶液環境の中で、通常よりも短期間で成長したもののようです。結晶が成長する過程で、隅(角)と陵(辺)のみが急速に成長することにより、水晶内部に水や空気を含んだり、骨格の...

ベルチェライト

ベルチェライト という石のコト◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆和名「ベルチェ鉱」ベルチェライトは、スティブナイトと同じくアンチモニーの鉱石で花崗岩を横切る白色の石英脈中などに、そのスティブナイトと共産することが多い鉱物。斜方晶系の繊維状結晶の集合体で発見されることが多く、その他には塊状や粒状で見られることもあります。色は暗銅灰色で、条痕は褐黒色...

ジャスパー

ジャスパー という石のコト◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆和名「碧玉」ジャスパーは、不純な潜晶質石英で、不透明なものを言います。アゲート、カルセドニーと同種ですが、それらが半透明なのに対してジャスパーは不純物が20%以上混入しているために不透明になったものです。その混入された成分によって、様々な色や模様、形態を示し、その主なものには酸化鉄の含有に...

アナテース

アナテース という石のコト◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆アナテースは、変成岩、特に片岩と片麻岩中に生成し、母岩中のTiO2が熱水によって分泌されたもので、クォーツ、ブルッカイト、ル散る、アデュラリア、ヘマタイトなどと一緒に見られることが多い鉱物。正方晶系に属した錐状の結晶体で発見される他には、板状結晶体や粒状などでも見ることができます。色は、青色...

サファイア

サファイア という石のコト◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆サファイアは、酸化アルミニウム鉱物の一つ、コランダムのうちの赤色をのぞいたすべての色を示します。一般的には、青色のものがなじみがあります。ある種の火成岩と変成岩の中に生成し、また、漂砂鉱床中にも産出することもあります。六方晶系に属する六角柱状結晶、複六角錐結晶、樽形結晶を作り、他には塊状...