クリソコーラ

クリソコーラ という石のコト◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆銅鉱床の変質帯中に、マラカイトやアズライト、キュープライトと共に産出します。名称は、ギリシャ語で「金」の意味の「chryso-」と「膠(にかわ)」の意味の「kolla」に由来します。名称の由来からわかるように、古代の宝石師が金をつなぐのに、この鉱物を使っていたそうです。         ◇    ...

モリブデナイト

モリブデナイト という石のコト◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆モリブデン「水鉛」の鉱石で、日本も主産地の一つとされています。花崗岩質岩漿の揮発分と密接な関係をもち、多くは接触鉱床、ペグマタイト脈およびそれらに関係の深い石石英脈中に生成します。六角板状結晶や短柱状結晶をつくり、その末端は次第に細くなっています。その他には葉片状や麟編状、粒状の晶癖...

オリベナイト

オリベナイト という石のコト◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆かんらん銅鉱ともいい、銅鉱床の酸化帯にマラカイトやアズライトなどと共産する鉱物。扁平柱状結晶体で発見されるほかは、針状や腎臓状、繊維状または塊状や皮膜状などで見られることがあります。色は、多くのものは暗緑色で、その他には淡緑色、灰白色のものがあり、条痕はオリーブ・グリーン色です。透明か...

モナザイト

モナザイト という石のコト◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆花崗岩質、片麻岩質変成岩の副成分として広く分布する、希土類元素を含んだ燐酸塩鉱物。色は褐色や帯黄褐色、帯緑褐色、ピンク色、黄色のものなどのほかに、時にはほとんど無色のものなども見受けられます。条痕は白色。透明ないし半透明で、樹脂光沢やガラス光沢、金剛光沢をもち、ヘキ開ははっきりしている。...

コルンバイト

コルンバイト という石のコト◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆コルンバイトは、ニオブという珍しい元素を含む代表的な鉱物です。ペグマタイト中から多く発見され、しばしばアクアマリン、エメラルドなどのベリルを伴うこともあります。色は黒色や褐黒色、赤褐色などで、条痕は暗赤色から黒色を示し、やや金属光沢ないし金剛光沢をもちます。この鉱物中のニオブですが、イ...